ユーロ圏が危険なデフレに陥る可能性低い

ワイトマン独連銀総裁は、ユーロ圏が危険なデフレ状態に陥る可能性は低いとの見方を示した。
ドイツの雑誌VBWのインタビューで述べた。

総裁は「危険なデフレ状態とは、物価下落の下方スパイラル、賃金の低下、消費の手控え、企業の投資減少などが特徴」と説明。
「現時点ではそうした状況は見られない。将来もその可能性は低い」と述べた。

欧州中央銀行(ECB)の新たな債券買い入れプログラムについては、独連銀はドイツソブリン債のリスクのみを負うとの認識を示した。